読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CALM

伊袂つうの創作個人日記。昆布擬人化「だし★メン」は現在復活準備中です。

皆様もお気をつけを…!

今日、バイトを早退するほどの腹痛と吐き気におそわれて死に掛けた伊袂です、こんばんは。
朝までは平気だったんですけどね…出勤1時間もしないうちに胃がムカムカしてきて、あれ?これはもしかすると出ちゃう系じゃない?っていう危機感の元、一度トイレに駆け込むも何も出ず…。
これ、絶対夏のせいです。本当に皆様気をつけて。ああ、夏が憎い。

あっ。続きはただひたすら汚い話だから畳みます。

5分ほどで第一波が治まったので一度は職場に戻ったんですけど、どうにもこうにもダメで。第二波が間もなく到来し再度トイレに来場。職場の一番近いトイレは基本お昼以外ウチのバイト先の職員くらいしか使わないので貸切なんです。何の音が出ても(?)没問題。

このとき、伊袂の胃と腸によって苦汁の選択を迫られていました。

胃「ほら、我慢しないでこっちから出しちゃいなよ…我慢は良くない」
腸「だめだめ、こっちが先でしょ。万一片付けってなっても、こっちのほうがまだマシなんだから。ね?」
私「どっちを優先すればいいの…! 選べないよ…!」

そう。胃腸炎なのか何なのか、このところずっと不調の尾を引いている胃腸くんたち。そんな中、まさか同時に彼らが暴動を起こすなんて誰が予想していたでしょうか…。しかも6連休明け初日、完全に自己管理不足。はずかしいやら申し訳ないやら、いい大人が洋式トイレの便座の上で顔を真っ青にし、額に玉のような汗を滲ませているんですよ…。

呼吸は浅く、眩暈がするし、体中の毛穴から汗が噴出しているような状態。運動したってそんなとこから汗でないし!っていう、手の甲までビッショリ。ああ、私、このまま下半身丸出しで死ぬんだな…って思いました本気で。

トイレで格闘すること40分。あまりに帰りが遅い私を心配した職場の先輩が様子を見に来てくれたんですけど、上手く受け答えも出来ず。そんな調子だったら心配だから帰って休んでって言って下さって、しかもちゃんと運転して帰れるかまで気を使ってくれて、本当に本当にその優しさで涙が出そうになりました。

去年の夏はこんなに調子を崩すことも無かったのに、何なんだろう…。比較的体は強いと思ってたのに、それすら夢幻だったのじゃろうか…。
確かにこの夏、圧倒的に食べれてない。去年は在宅オンリーという不摂生を続けながらもまだ食欲もあったし、食べたいっていう気持ちが燃え盛っていた気がしますが、今年は暑さに加えダイエットも意識して量を減らしているので、余計に食べる気にならないといいますか…。

これでね、しっかり結果が出ててちゃんと痩せてるならまだしも、痩せもしてない。ただただ胃腸らに振り回されているだけっていう、あまりの悔しさに歯軋りしか出ません。ぐぐぐ…!
悔しいから胃と腸が超絶イケメンだってことにして、そんな二人に振り回されてるんだって思うことにしちゃう(´◉◞౪◟◉)!!

思い返してみると、冷たい御飯ダイエット(及び冷たい炭水化物を取る)を始めてから調子が悪い気もする(気のせい)。やっぱ胃腸は冷やすより絶対暖めたほうがいいですね、絶対。

明日から常温以上のものを口にしようと思います。

広告を非表示にする