CALM

伊袂つうの創作個人日記。昆布擬人化「だし★メン」は現在復活準備中です。

北海道コミティア3 ありがとうございました!

f:id:dashimen:20151123104054j:plain

改めまして、北海道COMITIA3へ参加されました皆様、お疲れ様でした。
当サークルへのお立ち寄り、お求めや差し入れ、貴重なお時間を頂きまして本当に有難うございました。

今回は、有志として自分のサークルとしてだけではなく企画スペースも確保していたことから、若干の慌しさもあり、直ぐに対応できなかった部分もあるかと思います。ご不便をおかけいたしました。
でも、毎度のことながらとても楽しい充実した一日でした。
このために生きている(あ、前回も言いましたね…汗)、といつも思います。

今回は前夜祭などのイベントには参加できず(前日まで仕事がありまして…)、当日の朝4時半に函館を出発。途中休憩を取りつつ、10時には会場に着きました。
嫌だ嫌だと断られ続けていたのですが、急きょ家族がヘルプに入ってくれることになり、売り子と企画対応をしてくれることに。
突然決まったので前もって段取りなども説明しておらず多少の混乱はありましたが、何とか理解してもらい、スペースに立ってもらうことになりました。

今回の北ティアの変化は、配置もさることながら、恐らく前回のパンフレットにあった「ティアズマガジンを強制購入をさせるのに、再入場のチェックが甘い」という指摘を受けてか、出口と入り口が別々に設置され、そのどちらもが、ひと一人通るくらいのドア部分しか開放されていませんでした。うちは荷物がキャリーと小さな手提げだけだったので特に支障なしのまま通過。

10時少し過ぎたあたりでスペースのあるKエリアへ到着。
うちとしては企画を実施するために万一の混雑を考えると異議ない配置だったのですが、Kエリアはメイン会場から考えるとどうしても人の往来が少なく、メイン会場の放送なども聞き取れないため、若干の疎外感もありました…。
ただそこは主催対応で、館内放送については別途案内に来てくださるなどフォローがちゃんとありましたし、うちの隣はプロの作家さん、そのむこうは大人気のマステサークルさんだったので、そこで一般の流れを集める狙いもあったのかなと思いました。
うちの企画でもガッチリ一般さんの誘導ができれば、もっとKエリアを盛り上げることができたんですが…。
準備不足、本当に申し訳ないと思いました。

おとなりのプロの漫画家さん、佐倉先生からお名刺ほかを頂きまして!
かわいい美少女の隣に、完全二次元の平たい昆布達が並ぶという恐縮な図…。
大手さん、プロ作家さん、しょっぱいウチの順でならぶあの列は非常に緊張しましたが、みなさん良い方だった!

スペース後ろの空きが十分だったのは助かりました。
しかしながら暖房がしっかり効いた上に日差しが燦燦と降り注いでいたのでなかなか暑い…。
とはいえそんなことを気にしている場合でもなく、売り子経験もなければ接客業経験もない家族に、一日の流れを必死に説明すること40分。
什器を一部破壊されましたが(笑)、何とか理解してもらうことが出来ました。

企画告知で作っていったおしながきをボードに張ったのですが、A4サイズだと全然目立ちませんでした…(しかも白黒印刷・汗)。次回はもっと派手なものにしたほうがいいなと思いました。
何処のサークルさんか失念したのですが、A2くらいのポスターがドーンとおしながきボードに張ってあって圧巻!
そうか…。企画ならこの位しなきゃダメだったかもな…と思っているうちに一般入場の時間が。

11時。予め11時半以降の対応としてツイッターの告知をしていたのですが、ヘルプを確保できたので、一般入場開始と共に企画に参加してくださったサークルさんへご挨拶周りをしました。
カレンダーケースと参加記念、その他僅かばかりのお礼を添えてまわりつつ、カレンダーを一枚づつ頂いて回ること30分。

皆様、かわいいやら綺麗やらスタイリッシュやらで失神しそうになりながら、お邪魔にならない程度にお話を少しさせて頂いたり、逆に差し入れを頂いたり、企画に参加頂いただけで本当に本当に感謝の極みなのに、ありがたいお言葉を頂いて、心から企画してよかったと思いました…!

まだ準備中のサークルさんもいらしゃったので、二回にわけてご挨拶に伺おうと、11時半も過ぎたころからスペースに戻り、順次カレンダーのご案内を開始。

ありがたいことに、ドラマチックブルーのsaikawaさんがカレンダーを配るたびに企画の内容を促してくださって、私はそれに乗ってサークル一覧を配る…という連携をとらせていただきました。
今回、一般参加の皆様へのご案内については殆どできていなかったので、本当に助かりました。
有難うございました!

参加サークルさんにも一覧を一部づつお渡ししていたのですが、肝心のカレンダーラリー参加者への案内ペーパーなどを用意していなかったので、ラリー参加者の皆様に逐次案内をしてもらわなければならず、お手数おかけしました…。
次回もし実施するなら、もっと効率的に実施できるよう考えたいと思います…!
途中、12時45分くらいにマイクCMにお邪魔し、企画を案内したりもしました。
それから徐々にラリー参加の交換やサークル一覧のペーパーの減りが早くなっていったように思えます。

また、あるラリーの参加の方が「●月がもうなくなっていて、集められなかったー!」と企画本部に来てくださったとき、丁度同じくらいのタイミングで交換にいらした方が「あ、●月なら(紙が重なっていたようで)私2枚持っていますよ。よければ差し上げます」と!
なんとスペース前でトレードが発生し、お二人ともニコニコでケースをお持ち帰りになりました。
14時の段階で既に配布終了となったサークルさんもおられ、ラリー参加の方から「●月がもう終了しています」と教えてくださったり、サークルさん自身がわざわざスペースに申告にきてくださったりと、本当に皆様にはお世話になりっぱなしでした。
可愛らしい学生さんのような若い女の子二人組や、ニヒルでシュッとした男性、年齢・性別問わず参加いただけたのは良かったです。

ひっきりなしの交換ではないものの、ご案内や呼びかけなど行っていたら、委託物終了のアナウンス(主催さんによる生声伝達)が…っ!
全然回れて居ないなと思ったあたりで、交換に来てくださる方がやや増えまして、落ち着いたのが14時45分頃。
ちょっとだけ見てくる!とお財布を持って自スペースから飛び出したのですが、結構なサークルさんが撤収準備をされており、あまりの時間の無さに見本誌もろくに読めず、肩を落としてスペースに戻りました…。
イベントは一期一会、読書会で見本誌は読めても買うことが出来ないものも沢山あるので、本当に回り切ろうと思ったら一般参加しかないな…。でも半年に一度しかない頒布チャンスでもあるし、サークル参加はしたい…。ジレンマが…!
今回は企画も実施していたので叶わぬこともありましたが、次回は売り子さんが居なくてもサークルを一次閉めても回りたいと思います…!

15時。無事、お預かりしたカレンダーと当サークルのカレンダーも配布完了となり、交換もなくなったことから撤収準備を。
家族にキャリーを預け、小さなバック一つで前々からお約束させていただいていたお茶会へと向かいました。


課題や悔いも残る、今回の北海道COMITIA3ではありましたが、家族にスペースを託している間に来てくださった方、ウチのスペースで「ガゴメ昆布は出ていないんですか…?」とご質問を頂いた方(ガゴメは出汁というより食べて美味しい昆布なのです…!)と昆布漁の話で盛り上がったり、「前回買えなくて…!」と言って下さった方がいらっしゃったり、ブログ面白いですね!と言っていただけたり(更新遅くなってすみません!)、頭半分企画のことでもって行かれつつも、非常に楽しく充実した時間が過ごせました!
ああ、この至福だけであと半年生きられます、ありがとうございました!

前回の参加から身辺環境が変わりまして、今まで好きなことを好きなだけ出来ていたことが少し難しくなって参りました。
ただ、変わらず「楽しいことを楽しいと思える範囲」でやっていこうと思いますので、今後ともお付き合い頂ければ幸いです。

北海道COMITIAのスタッフの皆様もお疲れ様でした。
今回パンフレットに読書会レポートを掲載していただいて有難うございました。

人員不足の中、大変なことも沢山あったかと思います。
主催さんやスタッフの皆様がいることで、こうして楽しむことができていると痛感します。
次回は企画等は考えていないので(笑)、力になれる限りの対応はしたいと思っております!


いつものごとく取り留めなく書き連ねてしまいましたが。
結論は結局、次回も参加したいぞ北海道COMITIA
ありがとうございました!

f:id:dashimen:20151124113409j:plain

戦利品や頂き物や素敵カレンダーたち!
2016年は楽しく暮らせます! 

広告を非表示にする