読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CALM

伊袂つうの創作個人日記。昆布擬人化「だし★メン」は現在復活準備中です。

【お礼】北海道COMITIA2 お疲れ様でした

f:id:dashimen:20150629171336j:plain
※本記事は伊袂のお礼内容で、北海道COMITIAをサークル参加者側から冷静めに見たレポ(笑)は、別途掲載します。

改めまして、北海道COMITIA2へ参加されました皆様、お疲れ様でした。
当サークルへのお立ち寄り、ならびにお求めと差し入れ、貴重なお時間を頂きましてありがとうございました。
この瞬間のために生きているなぁと心から思う、直接参加の醍醐味を存分に味あわせて頂きました。
本当に幸せでした! 感謝してもしきれません…!

差し入れもいただきまして、その中に「利尻昆布ラーメン」があって大興奮しました。
自分で差し入れを持っていくときはネタ的に昆布食品を混ぜたりするのですが、まさか頂くほうで頂くとは思いもしておらず…!
ありがとうございます、1袋を三日に分けて大事に食べます(笑)!

そして人生初、持ち込み分完売という快挙も成し遂げられて本当に嬉しかったです。
先に再録本の在庫をきらしてしまい、初頒布・新刊が続編で再録を読まないとお楽しみいただくのがちょっと難しいこともあって14時半にスペースを閉めました…。
折角きていただいたのに頒布できないことが発生してしまい本当に申し訳ありませんでした。押入れには引くほどまだ大量に在庫があるので(汗)、次回は再録本を少し多めに持参します。

そして自分で言ってて不実行ですみません、今回頒布した新刊にシリアルナンバーをつけて…といっていたのですが、そこまでの対応・管理が難しいため、次回も再録出た場合は写真対応にさせてください。
実際ブログやHPをご覧いただけて写真を撮ってきてくださった方もいらして、チェックいただいていたことに非常に感動しました! ありがとうございます!
次回11月にはまたコピー本の#6が出ると思われます。
次の再録(#4~#6収録)は、北海道COMITIA4あたりかな…。印刷代貯めないとな…(遠目)。

さて、次回・札幌は11月(北ティア3)ですが、7月は委託・直参が盛りだくさんです。

【委託】
7/05 花鳥風月121(島根県松江市
7/05 鳴々兄貴63(北海道旭川市
7/19 みちのくCOMITIA福島県郡山市

【直参】
7/12 ChaosFestival18(北海道函館市
7/26 ※おでかけライブin宇都宮(栃木県宇都宮市
※宇都宮は友人売り子による直接頒布です。伊袂本人は参加いたしません…。

それにしても、レビュー効果凄い!
今回ありがたくも北海道COMITIAティアズマガジンのLEADERSCHOICEに掲載いただいて、感想をくださった美味吉さん、KOLさん、あやたかさん、匿名さん、有難うございました。
皆様のおかげで、前回よりも頒布数があがったと思っています。
これといったお礼は直接出来ませんが、感想をくださいました各位様が一生美味しい出汁に困らないように感謝の念を送っておきたいと思います。よろしければ受信ください…!

お求め頂きました方々も年齢層が広く、男性も女性もいらしてくださり、最後の一冊を手にとってくださったカップルの若い女の子が「よかった!」といってくださって、もう感涙物でした。初めて来たんですという男性が「普段は来ないんですけど、勉強に…」とうちの発行物を手に取っていただいたときは、初めてのお買い物がうちの本で良いのだろうか…と恐縮したりもしました。
通報さえされなければひとりひとりにハグをしたい気持ちで座っていました(笑)。

前回と違いまして売り子さんをお願いできたので、イベントをしっかり楽しめた感じがしました!

売り子をしてくれた友人、ありがとうございます。本当に助かりました。
ただ、やっぱり自スペースが心配になるというか、気になるというか、お求め頂く瞬間は立会いたい気持ちがあって、見本誌コーナーでゆっくりチェックすることが叶わず、事前チェックしていたサークルさんへのご挨拶等々で新規開拓まで気が回らなかったのがちょっとだけ心残りです。
しかし! 作品は読書会でまた楽しませていただいてレビュー書きつつ、そして次回の北海道コミティアで購入させていただこうと思います!

今回前夜祭や当日、ツイッター等で何度かお話をさせていただいていた方と直接会えたり、以前エリシアンでお隣になって二次創作で盛り上がった方と再会できたり、初参加で単独デビューされる方がいらしたり、とにかく人から貰うパワーと情報の収穫が多くて、もうそれだけで前回の倍以上費用をかけて前日入りの参加した価値がありました!

前夜祭では北海道COMITIA主催のエリシアンオフィス・渡部さんともお話することができ、札幌のイベント状況やスタッフのなり手の少なさ等抱える事情をお伺いしまして、やはり外側からみているだけでは分からないことが沢山あるんだなぁと思ったり、札幌ですら易々とはいかない現状に危機感を覚えました。
あるのが当たり前になってしまいがちな定期開催ですが、誰かが必死に回してくれていることを忘れてはいけない。
微力ではありますが私は私の出来る範囲で、出来る限りの協力をして、北海道COMITIAをサポートしたいと思っております。

また、今回は東京COMITIA委託でいらっしゃっていた中村代表ともお話の機会がありました。私個人としては東京COMITIAは 惨敗記憶しかないのですが(苦笑)、中村代表は非常に温厚で紳士で、しかしながら何か力強い気迫を感じました。前回遠巻きに見ていた方とお話をさせていただくとは夢にも思っていなかったので、非常に貴重な経験でした。

大収穫がありすぎてイベント後のロス症状がまだまだ抜けてはいませんが、今日から早速通常運転、早速仕事も溜まっていまして(苦笑)、頑張って働きつつ、開催まで一ヶ月ほどとなった函館見本誌読書会の開催ヘ向けしっかりと準備をしてゆきます!

広告を非表示にする