読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CALM

伊袂つうの創作個人日記。昆布擬人化「だし★メン」は現在復活準備中です。

もう今年もあと5日…!

f:id:dashimen:20141225005633j:plain

クリスマス終わったので、ちょっと忍びなくて、頻繁更新してます(笑)。
もしかすると年内最後の更新になる可能性が…。
出来れば年末にあと一回は何かしらお絵かきしてUPしたい…!

 

今日は、ちょっと思うところを少し書きたいと思ってまして、若干メランコってますので、そういったテイストが苦手な方は閲覧を避けていただければと思ってます…。

(※一応畳むのですがスマホはそのまま表示されてしまうのでご注意ください)

 


このところ、原稿作成以外に色々動いてまして、例えばそれは委託先の検索だったり、ペーパーだけでもイベント当日置いて頂けないか交渉したり、パンフに有料CMを掲載してくださるイベントを探したり。
イベント検索サイトから、個人の非営利主催団体のイベントを探して問い合わせる、というようなことを原稿作成の合間にやっています。

オリジナルで本を出すって言うことは、「誰も知らないのが当たり前」であって、じゃぁどうやって知ってもらうかってことを考えたときに、「頼れるところは頼ってみよう」と思い立ちました。
問い合わせを行ってみると案外、ペーパーの無料配置を快く承諾してくださったり、パンフのフリースペースコーナーを紹介下さったり、個人ベースの主催さんって本当にフレキシブルで、そんなことまで対応してくれるんだなぁと感動したりしています。
図々しいとは思っているんですが、やっぱり自分の描く漫画を少しでも見て欲しいと思うので、「やらなきゃゼロ」「やればゼロにはならない」と思って、相談メールをしています。
ただでさえ忙しい主催さんに申し訳ないと思うのですが…。

過去に一度だけ、地元で同人誌即売会のイベントを共同主催したことがあって、小規模でしたが大変なことも多く、主催をすることでしか味わえない充足感はあれど、やはり自分のサークルに力を入れられないことを改めて実感し、以後参加者側から動かなくなりました。

イベントって、開催されるだけで凄いこと。
少なくとも私はそう思ってます。
一人ではとてもやりきれないし、誰かに助けてもらってやっと当日の開催まで漕ぎ着ける。
勿論、サークルや一般の参加者の皆さんだって居なきゃ始まらない。
イベントの日、その日にあわせてお金と時間を使って参加する。
そう思うと、年間相当数開催される同人誌即売会って色んな人のいろんな思いが詰まってるなぁと、何だか猛烈に感動したりしました。

これから暫く、年間数えるほどの僅かな直接参加のほかに、北海道内外でペーパー置き場にお邪魔したり、パンフCMなどを色々活用させていただく予定です。
お近くのイベントでご覧頂くこともあるかもしれません。
その際はどうぞよろしくお願いします。

誰かの特別なイベントの一日に、遠くから参加したい。
なかなか遠征できない昆布達を、あなたの街のイベントに参加させてください(笑)。

と、言うわけで、もしブログをご覧になっている方で「地元のイベントでパンフCM募集してるよ!」「チラシ置き場を当日参加しなくても利用できるよ!」という情報がありましたら教えていただければ嬉しいです。

広告を非表示にする