読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CALM

伊袂つうの創作個人日記。昆布擬人化「だし★メン」は現在復活準備中です。

同人誌印刷サービス プリペラのお試し印刷レポ

この記事は、以下印刷所のお試し印刷を利用した、いたもとの個人的感想レポです。


印刷所プリペラ 同人誌印刷サービスPriPela / 高品質印刷で早くて安い同人誌印刷サービスです。オンデマンド印刷とオフセット印刷

特にプリペラさんから何か頂いたわけでも依頼があったわけでもないです(笑)。

ただ感動とその他感想があったのでしたためており、私の感想や体験・状況が必ずしも他の方と同様でない場合もありますので、その点ご理解いただきながら読んでいただけると嬉しいです。

ちなみに写真などもつけてありちょっと長いので、畳んでおきます。
(比較写真はPCでご覧頂いたほうが違いが分りやすいです)

 ■総合感想

 全体的にいうことなしの★三つです!
 ただ、こちらからの問い合わせに対して一部回答がなかった件(内容としてはさほど重要でもなく結果的にキチンと対応して頂いてます(←ここ重要))があり、そこだけが唯一ちょっとだけ気になりました。
 印刷所は土日祝お休みなのは当たり前なのかもしれないのですが、定休日の記載が見当たらなかったため、私が申し込みをしたのが11/23AM2:00頃だったので、もしかして26日くらいには届くかな?と勝手な期待をしてしまっていたので(汗)、届くまで体感時間は長かったです…。
 試してみたい!というのは突発的発想であることが多いと思うので、お休みについては見やすい所に表示がしてあると嬉しいかなと思いました。


■プリペラさんのお試し印刷を依頼してよかったと思ったこと

①とにかくキレイ。
初めて仕上がりのお試し印刷本を見たとき、思わず独り言を言ってしまうくらいキレイでした。
数年前に某老舗同人誌印刷所でオンデマンド印刷をしたとき、トーンの濃度が不安定だったり線が飛んだりする品質の悪い本が、仕上がり総数の半分くらいを占め、頒布できず泣きをみた事件があって、以来「オンデマンド不信」でいた私にとっては、ガツン!と来るくらいの衝撃でした。
もしかしたら他の印刷所もこのくらいキレイなのかもしれない、私が世の中を知らないだけなのかもしれないのですが、でもプリペラ公式サイトで謳う「高品質印刷」には嘘偽りなし!でした。
トーンの再現度もさることながら、グレースケールで20%程度の薄さでも十分しっかり出ているのは、品質管理をしっかりされているからなんだろうなと思いました。
実際プリペラさんのブログも拝見していますが、印刷を行う空間の湿度や温度も年間を通して一定にしているなど、そのあたりのこだわりがこれだけの品質に結びついているんだと思います。

f:id:dashimen:20141129150940j:plain

↑PSDデータで入稿した表紙の一部。薄いテクスチャの模様までしっかり反映されています。

f:id:dashimen:20141129150708j:plain

↑比べるのは恐れ多いですが、上がこの前「キレイになった!」と感動した近所のコンビニのプリント。下がプリペラさんのプリント。トーンがキレイ!

f:id:dashimen:20141129151023j:plain

↑既出、左がコンビニ・右がプリペラさん。プリペラさんは黒も濃くしっかり出ているのに、トーンもつぶれずに印刷が出ています。

 ②PDF校正が利用できるのは最高に便利

プリペラさんの公式ツイッターでもよく呟かれているのですが、「時間に追われ苦労して完成させた原稿。なのに安堵と疲れでちょっとしたミスにも気づけない…」って、これ本当に良くあるなって思うんです。
過去、2度ほどアンソロジーを印刷所で刷ったことがあったんですが、ページ数が多くなると一枚一枚確認するのは本当に大変です。
以前利用した印刷所にはPSD(PhotoShop形式)で入稿していたので、プレビュー機能も使えず四苦八苦した思い出が…。
そして、大体WEB入稿し終わって何気なしに見直したときに限ってどうしようもないミスを自分で発見して大汗かいて、印刷所に問い合わせをするっていうパターン(汗)。
それが出来上がったイメージのままに簡単にブラウザで確認できるなんて、本当に夢のようです(大げさ)。時代は進化したんですね…。

f:id:dashimen:20141130171223j:plain

↑実際本になったときのイメージも非常にしやすい。トーンのモアレや線のカスレっぽいものなど画面上ありましたが、実際の印刷には出ていません。

 ③お試し印刷の冊子でもちゃんと包んでくれる

お試し印刷はある条件を除いて、基本上質紙90Kに20P(表紙4P含)までの冊子印刷になります。
私の場合、表紙を全面印刷にして出したのでしっかりトナーも圧着されており、本文より少し厚いくらいの感覚でした。突発本なら問題ないレベルの厚さです。
ためし印刷の無料作業なので、印刷してポイっと投函だろうなと思っていたのですが、ちゃんと厚紙を添えていただいた上にクラフト紙でしっかり包んであり、封入されてました。
無料のお仕事でこうしてしっかり対応してくれるってことは、お金を払ってお仕事をお願いするときにもちゃんとしてくれるんだろうな、と想像が付きました。

④表紙の紙見本を付けてくれた上に…

特に表紙見本を依頼しなかったんですが、表紙見本を同封してくださいました。

f:id:dashimen:20141129162542j:plain

実はこの見本の後ろには年内使える¥1,000クーポンも印刷されておりまして(写していいのか分らず写真には撮りませんでした)、こういうのニクいなぁとニヤっとしてしまいました。


■プリペラさんって面白いなって思うこと

①「週トク」キャンペーンサービスを見ているとこっちが心配になる。

大型イベント前は一時的にストップするようですが、毎週土曜日~木曜日まで一日一回、明けとともに「⚪︎⚪︎なら印刷代金が50%OFF」という条件付き予約特典が、該当期間中内容が変わりながら一つづつ増えるというキャンペーンをやっていて、プリペラさんはちゃんと儲かってるのかなって見てると不安になります(笑)。
例えば、『××ぱっく 00~00ページ ○○部』という印刷条件が土~木までの間にドンドン追加されて、条件に見合った発行部数とページ数があれば、それを利用して50%OFFで刷れちゃうという、何かこう、とっても心配になるキャンペーンをやってます(笑)。

勿論、自分の予定発行部数やP数に合致しない場合がある、イベント併せのような厳密な締め切り設定がある本には向かないなどはありますが、50%OFFて大丈夫なんですかね…。
しかもこの条件、システムで自動生成されるらしくて、プリペラさん自身も「どんな条件で50%OFFになるのかわからない」というスリリング機能付き。
一体誰得なのかっていう謎のキャンペーン(勿論利用者なんだとは思いますけど…汗)ではありますが、でも実はひそかに利用を狙っています…(笑)。

詳しくは是非公式サイトを見て欲しいです…!

②出すだけパック、という新しい発想
オンデマンド機にとって製本(中綴じ)がどの程度のコストを締めているのか分らないのですが、「安く刷って送るから後は自分で製本してね」という超低価格な印刷プラン(出すだけパック)があるんです。
コピー本10部も作れば十分だけど、できればコンビニよりはキレイに刷りたいし、縁なしなら見栄えも違うから印刷所にお願いしたい!という人、地味に多いと思うんですよね。一種作れば飛ぶように売れるサークルさんより、ちょっと刷ってイベントに出してみたいサークル層のほうが圧倒的に多いと思うので、このあたりを安く済ませられるのは本当に魅力的です。
例えば、2014/11現在で、表紙FC(上質紙90K)のA5/32P/10部分で1,900円!
コンビニで刷っても1部190円(本文140円/表紙50円)ですが、品質不安と見栄えの問題から考えれば迷うことはないと思いました。
今一番利用の可能性が高いプランです。

ツイッターやブログのSNSのPRもしっかり頑張ってる。
これは人それぞれの感じ方だとは思うのですが、ツイッターは割りに呟かれてます。
個人的には丁度いい頻度で、ちょっと面白くてうるさすぎないのが良いと思います(笑)。
この前、「お昼です。お腹が空きました。紙食べます」って呟きが流れてきたとき、キャンペーンで安くしすぎてご飯を食べられなくなったのかな…と思ったら、プリペラさんのところのキャラクターが単にヤギで、その後に「ちなみに僕の名前は「紙たべお」です」って続いたので安心しました(笑)。
中の人、ちゃんとご飯食べてるといいんですけど…。


■プリペラさんに印刷をお願いするのに躊躇っちゃうこと

①送料がちょっと高い
10部から印刷はしてくれるのですが、送料が北海道だと2000円掛かる。
例えばさっきの「出すだけパック」で折角1,900円で印刷物のオーダーが済んでも、なんと送料のほうが100円高い!なんてことが発生しちゃうんですよね…。
北海道に住んでいる私が悪いし、送料はプリペラさんが貰ってるわけじゃなくて運送会社さんに払ってるものなので誰に訴えるわけでもないのですが、ちょっとここがネックで踏み出しを迷ってしまうところでもあります。
せめてレターパックで対応してもらえたらなぁ…。

 

■最後に

今回お試し印刷してみて、オンデマンド不信もすっかり払拭され、前向きにコミティア新刊の印刷を検討できるようになりました。時代の進化なのか、プリペラさんが凄いのか正直判断しかねるところではありますが(笑)、でも個人的には価格・サービス・遊び心、どれをとっても満点な印刷所さんだなーと思いました。

印刷所選びって結構大変ですが、自分にぴったりの印刷所が見つかると安心して原稿をお願いできるし、今回は本当にいい機会でした。もし印刷所に迷っている方がいらっしゃるなら、プリペラさんに限らず、無料または安価で出来るお試し印刷プランがある印刷所を利用してみるのがいいと思います。

 

さて、私はあと原稿を頑張るだけ!
出発まで60日ちょっととなりました。進捗はこれからもブログに書いていきたいと思います!

広告を非表示にする