CALM

伊袂つうの個人日記。

ブログお引越しのお知らせ

本日を持ちまして当ブログの更新を停止いたします。
今まで読みに来てくださってありがとうございました。

レビューもあることから来月半ばほどまで本ブログの公開は続けようと思いますが、伊袂つうとしての記事更新はありません…。

本ブログ以上に混沌とした創作活動に無縁な内容が続く新ブログを始めました。
よろしければそちらで今後ともお時間拝借できれば幸いです。

 

shioshiosato.hateblo.jp

 

お世話になりました。

ありがとうございました。

PVのカウントに随分励まされました。

見に来て頂いた全ての皆様へ感謝と、これからも素敵な毎日が訪れますように。

広告を非表示にする

河原野アパラ先生とのお話。

あと一週間程度しか残らぬブログにレビュー記事を載せるというのは些か非情な感じもしますが、140文字を何度連投すれば終わるのか分からなくなってしまったのでこちらにしたためることにしました。

先日、河原野アパラ先生とお話をする機会があって。しみじみ思ったことがありました。
先生とは2年ほどのお付き合いとなりますが今月最新シリーズの完結をされて各書店さんから一斉配信が完了したところで。お疲れ様でしたトークをしつつ作品の感想などをお伝えしていたのですが。

ああ、もう同人屋さんじゃないなぁっていうのが一番印象強く残りました。
2年前は「ちょっと変わったテイストの同人誌を書く作家さん」だったんですが(失礼!)、心持ちも冷静な分析や構成も商業に添うように考えられている。色んな工夫をしての最新シリーズ「性転姦染」なんだろうなって思いました。

ネタバレしない程度にお話すると、女体化が感染するっていうタイトルそのままのお話で(そこで全て完結してるのって地味に凄いこと)、先生の「おっぱい愛」を充分に感じる主人公のルーシー(性転~は黒髪のリリィのダブルヒロインだと思っていますが)がクズくて元気いっぱい。出てくる人たち大体ゆるい。個人的に先生と年齢が近いということもあってか合間に差し込まれるネタも拾える。ノリよくライトで程よくエロもあり、まさに男性向きだなぁという印象でした。

前作「期間限定!女体化男子」のときは少女マンガのような甘酸っぱさもあったのですが、今回は「考えなくていい」のもいい(褒めてる)。
ジャンルによって致命的でもありますが、ファンタジーなこのジャンルにおいてはシリアス要素というのは殆ど必要ないと思っていますし、男性向きならば「こまけぇこたぁいいんだよ、脱げよやれよ」くらいの唐突さも必要なんだろうなと思うので「メモリを消費せずに楽しめる」のもまたひとつの魅力だなと思うのです。

ただ!そういうと単なる内容の薄い話ってことに落ち着いてしまうのですがそうじゃないんですよね。今回はキャラクターが今まで以上にしっかり立っている感じがして。こんなこと言ってはなんですが、過去作品はなんと言うか綺麗にまとまってるがゆえに(登場キャラクター数は同じくらいなのに)主人公とお相手だけの世界、というか。広がりがあまり感じられなかったなと今回の作品を見て思いました。
二次創作が自然発生しそうなキャラの濃厚さです。笑
これが「オリジナル作品」ってことなんだろうなって思いました。プロの仕事なんだなぁって。


気になった方は、こちらからどうぞ。

book.dmm.com

 

冒頭、もう同人屋さんじゃないんだな、の話ですが。
作品を作るにあたって「ニーズに合わせる」ということを念頭に置く、わかりやすさ、訴求力をどう高めるかを考える。
ただ漫画を描くのではない、その他付帯要因に考えをめぐらす。
楽しく描くのが同人であれば、楽しませるために描くのが商業なんだなと。
かき上げることの大変さは同人も商業もそれほど差はないと思っていますが、その中で自己満足に終わるか、一歩向こうを見るか、その境目が同人と商業の分かれ目なんだろうなという。語弊があるかもしれませんが同人が下、商業が上、ということを言いたいのではありません…どちらも楽しみ方があるし、どう楽しむかも個人の自由でもあるので…!

ただ純粋に「走り出した作品にきちんと明確な終わりを用意すること」の凄さに感動もしたんです。シンプルなことだけど実はとても難しい。まず動くこと、そしてやりきること、これ以上に結果に結びつくことはない。
そういうことを今回お話していたなかで教えていただきました。

恐らくこの先、私自身が以前のようにイベントに出たり本を出したりすることはないと思うのですが、それでも何か事を成すときにそれらを意識するかしないかではきっと大きく結果が変わってくる。

叶えたいならやれ。

これに尽きるなと心底思いました。


これからも河原野先生がパワーアップし続け、精力的に活動されますように。
そして創作される皆様の活動が今以上に充実しますように。

広告を非表示にする

お世話になりました。

3/16を持ちまして当ブログを終了します。
まだ少し先のこととなりますが、早めに告知をと思いました。

2013年3月13日から始めた本同人活動用ブログは丸5年となります。
まともに活動していたのは恐らく最初の3年くらいだったとは思いますが、いろんな人に出会うことが出来て本当に充実したものでした。

この先、もしかしたら強烈な創作意欲に突き動かされて何かするかもしれない。そう思ってツイッターのアカウントもこのブログも残していたのですが、おそらく復活することはないなと実感しまして、前回の懺悔も終わりケジメが付いたところで終了することにいたしました。

言ったこと、何も出来てませんでしたね…苦笑。
結局DLSiteさんへのだしメン5も6もUPしてなかったし、ブログの頻度だってあげていくよって言ってやってないし、クリスタ頑張ってやってみるよって言ってもやってないし、ダイエットしたからレポ本描くねって描いてないし、本当にクチだけの(文字だけの)しょうもない大人でした。ごめんなさい。

何もかも切り上げるわけではなくて、即売会に一般で行くくらいはあると思います。このブログは終わりますが、アウトプットは好きなので個人日記として別ブログの用意も考えています。ここ一年前後の内容は同人活動とは無縁だったので、そのノリが次のブログでも続くと思います。次のブログのURLが用意出来次第、またお知らせさせてください。

本当に楽しい5年でした。
頻度も少ないのに毎月読みにきてくださっていた皆様、ありがとうございました。
少しでも楽しんでいただけていましたら幸いです。

 

あと少し。もう少しお付き合いください。

広告を非表示にする

センチメンタル北ティア

ふと。ツイッターのフォロアさんが次回の北ティア(北海道コミティア)への参加を検討しているツイートをされているのを見て。開催何回目になるのかな、と公式ホームページを尋ねてみたら。

2018年6月17日で8回目になるのですね。
ひとつのイベントを継続して山も谷もある中で開催を継続されるのは本当にすごいことだと思います。おめでとうございます、というだけでは本当に言い表せないほどの尊敬をしています。
北ティアについては1回目~3回目までは参加させていただいて、読書会だー有志企画だーライフワークだーと散々息巻いていたのですが。結局のところ直接参加も読書会開催も三回しか出来てなかったことが今でも心に引っかかっています。北海道の創作を盛り上げていこう!と当時は本当に思っていたし、創作が好きだからちょっとの無理も全然平気、コミティアのためになるなら喜んで。そういう盲目的な意欲が私の行動力の全てでした。

最後の読書会が2016年の3月13日。凡そ二年前。
事実上、私の創作に関する活動が終了した日です。
16年の年明けからゆるやかに下った創作意欲と体調不良は、読書会の開催を持って「告知した最後の約束」の履行となりひとつのゴールを迎えました。
やるべきことをやりきった、とはとても思えない終点。
でも次のことは何も考えられませんでした。体力的な不安、経済的な不安、読書会運営の不安。いろんな不安を抱えながらの活動は当時の私には難しいものでした。テイよく言い訳をして投げ出した。だからこそこんなに今でも燻っているのかもしれません。

誰に頼まれたわけでもない。やめたいならやめればいいし、やりたいならやればいい同人の世界の中で。誰かの役に立ちたいと思ってしまった。あわよくば何かを変えられたらいいのに、トリガーになれたらいいのに。
でも。そう思うにはあまりにも献身が足りなかったと思います。
石の上にも三年、とはいったもので。例え、読書会の運営が上手く行かなかったのだとしても。黙って続けるべきだった。北ティアのあとは函館でも見本誌が読めるのだ、ということを浸透させるにはあまりにも短すぎた期間。偉そうにパンフレットへ読書会の記事まで寄稿したというのに、その次の読書会で終了してしまうことをとても恥ずかしく感じて、創作に関する意欲を保てずに崩れてしまいました。

最後までやれないならやるな、という自分の信念を自分で折る切なさ。
なんてダメな大人なんだろう、なんて恥ずかしい大人なんだろう。
もう二度と北ティアには参加できないな、恥の上塗りになっちゃうな。
そういう気持ちがずっと心の中にありました。今でもそれは変わりません。

週末。パスワードの整理をしていて。
一冊書店のIDとパスワードを見つけました。
WEBはアカウントを削除していないのでまだ健在でした。
これを作っていた頃は楽しかったし、皆にも楽しんで欲しいと思っていたな。
色んなことを思い出しました。

二年前に戻れないし、その取り返しを今からすることもできないけど。
北ティアを本当に好きで応援したいという気持ちがあったんだ、それには嘘がなかったんだ、ということを。今夜猛烈に誰かに伝えたくなってしまいました。

新しいことにチャレンジするということがどんなに果敢なことで、それを継続することがどんなに大変なことかを知っているので。今後無理の利かぬ私は軽率なことをせずに後悔少なく生きて行きたいと思う深夜であります。

 

ただ。
一般では参加したいなって気持ちはありまして。
6月予定が合えば行きたいなって。
まだ希望だけですが。久々にイベントの空気、吸いたいです。

広告を非表示にする

神様っていないんだよ…っていうヤケクソ話(一部下品)

二月も下旬にさしかかり、インフルエンザの猛威も依然続く中、ブログをご覧の皆様に置かれましては体調のほどいかがでしょうか。

伊袂め。
今月ズタズタで。
もうかれこれ20日近くも体調を崩しております。
むしろ、20日間も崩せる体調の持ち主だったのだな、結構もとの体力あったんじゃんオーイエェ!ってなるほどには色々追い詰められておりました。

実は二月しょっぱな、仕事の関係で札幌に出張になりまして。
費用削減のため狸小路の奥に安いビジネスホテルを借りたのですが、アーケードのかかっていないエリアのため路面状況がツルピカ。いつもはもう少し底のしっかりした靴を履いているのですが、かっこつけてロクに防滑効果もないブーツなんか履いていっちゃったせいで。
ホテルにいく途中に盛大に転びまして。いや、転ぶっていうかもうあれは言うなれば「地球へ攻撃」。痛すぎてちょっと記憶なくなったんですけど、左ひざで地面をニーキック。多分あの日、狸小路ではちょっとしたアースクエイクが起きてたと思う。

そんな負傷の膝を抱えて出張も追え函館へ帰る途中。慣れぬ快適JR移動(いつもは高速バスなんです…)と疲れによりゾワゾワと寒気がする始末。
でも病は気からっていうし。これは薄着のせいだと思い込むことにして。
何とか日曜をやり過ごして月曜出社、そして仕事中盤から強烈な悪寒が。
むちゃくちゃ寒いし身体は痛むし(この時点で多分熱出てたと思うんですが転んだ反動の痛みなのか熱の痛みなのか良く分かってなかった)、とりあえず仕事は終えて帰ったらば。

38.2分。

平熱35度台の私にとっては一大事。大惨事。その熱見ただけで眩暈。
とりあえず今流行りのインフルエンザじゃないかって思って翌日休みを貰い病院へ。検査をしてもらったら「インフルエンザの反応は出なかったけど、今年のインフルは反応が出にくいから明日まで熱が下がらないようだったらもう一回検査しに来て」ってかかりつけの女医さんが。

翌日。熱は下がらずまたおやすみ。
もう一回検査に行くか…って病院行ったらまさかの休み!
いや先生よ…熱下がんなかったら来てっていったじゃない…。
思わず某今年も海に行くあの歌を思い出しちゃったよね…会いたい。
んで、仕方がなく健康診断で使ってる比較的大きな病院に行って再検査。
こんなに具合悪いのに、インフル陰性。
もう私は何の病気なのか!(ただの風邪です)

お薬は女医さんから処方してもらったものがあったのでひとまず抗生物質を飲み熱こそ下がった木曜日、やっと出勤。しんどいながらも何とか金曜日まで勤め上げて土日。しかし喉がずーっと違和感で酷い。
上手く言えないんだけど、口蓋垂のウラに誰かいる感じ(実際いない)。

あ。今、口蓋垂ってなんだろうって思ったでしょ。
いや、ここはぜひ思って欲しい。
口蓋垂とは、のどちんこのことです。
いい大人がアラフォー女性がたとえブログでも「ちんこ」っていうの抵抗あるなーって思って夜中に調べたんですよ。腐っても乙女だからね!でも結局いうけどね!
のどにブラブラしてるから、のどちんこっていうんだよね。
でもさ、多分のどのそこが先に名づけられてたらそこはただのちんこで、股にあるやつは「またちんこ」っていう名前だったんだろうね。いやどうでもいいよね。今日のブログはまじりっけなしの下品100%ですいません、だって私ののどちんこの後ろに誰かいるんですもん(実際いない/二回目)。

喉の違和感を少し放置してたら段々痛みだして、だけど今月いくら病院にかかってんだっていうレベルで通ってたから何とか市販薬とかで持ち直せないかなって、高いユンケル買って飲んでみたり(後に盛大におなかを下す)、のどぬーるスプレーを買って使ったりしてもちんこの人は未だいますが(実際いない/三回目)痛みは落ち着いた三日前。今度は左目が結膜炎!!!

ねぇ…私が何をしたっていうんです…。

結局結膜炎も病院に行かずサツドラで目薬買いました。結構良いやつ買いました。もったいないから鬼のようにさしました。ちゃんと効きました。今は薄っすら赤くなってるくらいでもう治ります。めちゃくちゃ染みて痛かったけど。ここ最近いたい目にしか遭ってないけど!!

そして昨日。
末弟が雪かきを散々サボってしまったがために、自宅前で埋まるという惨事。
姉同様さして友達もいないことから助けてくれる人もおらず、真ん中の弟と塩カルとスコップを買って持ってレスキューに。
病み上がりの身体を引き摺って午後6時半から8時まで延々と雪かき&埋まった車のプッシュ。Getwild&Tough。1人では溶けない雪に塩カル(25kg)まいて。

何とか救出できたのでお礼にご飯を奢ってもらいながら。末弟が。

「昨日さ、夜10時にR(唯一の友人)から連絡きてさ。車埋まったから助けてくれって。それで駆けつけていろいろやったんだけどどうしてもダメでさ、通りかかった警察の人も助けてくれたりしてさ、総勢7人で2時までやってたんだよ。それでクタクタになって帰ってきてなんにも考えずに家の前に駐車しようとしたら埋まったんだよね」

いやぁ。
神様っていないんだよね。そう思ったよね。
いいことしてもさ、結局こうじゃん。
疲れた身体にさらに追い討ちをかけるじゃん。
だから私の体の不調も結局はそういうことなんだよね。
理由なんかないんだよね。

ジーザス!!!

 

ということで、本日の教訓はこちら。

 

信頼と免疫は一度落ちるとなかなか回復しない。

 

お後がよろしいようで。
皆様も体調不良、ホントに気をつけて。
ご自愛ください。

広告を非表示にする